男性

よりよい製品を作る|スリット加工機による製造物

最新の汚水処理剤

ウォーター

環境問題と汚水処理は深く結びついています。工事現場や製造工業等で発生する汚水は適切な処理を行なわなければ環境破壊に繋がります。また、その処理に方法によっても環境問題に関わってくるのです。汚水を処理しないまま海や河川に放流すると、その海や河川に済む魚等の多くの生物は死滅してしまいます。そしてその海や河川はしばらくの間、生き物の住める環境ではなくなってしまうでしょう。また、汚水の処理に関して最も利用されている方法に活性汚泥法と呼ばれるものがありますが、この方法で処理を行なったとしても汚濁物質が残ってしまいます。そういった汚濁物質を余剰汚泥と呼び、その余剰汚泥を処理するために大抵の場合、焼却処理か埋立処理を行ないます。しかし、この焼却処理と埋立処理を行う際にも環境へ悪影響を及ぼしてしまうのです。
焼却処理では余剰汚泥を焼却した際に大量の二酸化炭素を排出することになるため地球温暖化に繋がってしまうという問題があり、埋立処理の場合であれば大量にでる余剰汚泥の埋立地に関して既に飽和状態あるといった問題があります。こういった問題を解決するのが汚水処理剤です。汚水処理剤は従来の活性汚泥法でも使用されていましたが、近年の汚水処理剤では余剰汚泥を残さない技術が進歩しており、こういった処理問題を解決してくれます。工事業者や製造業者において汚水処理剤を導入することで環境の保全を行える他、余剰汚泥の処理に掛かっていたコストを削減することも可能になるというメリットもあるので率先して導入することお勧めします。