男女

よりよい製品を作る|スリット加工機による製造物

土のう袋の種類

土嚢

土砂を敷き詰めることで使用する土のう袋は非常にシンプルな製品ですが、実は種類がありその性能も様々です。使用用途に合わせた製品を選ぶことで、工事現場等での作業をより行いやすいものとしてくれるでしょう。

この記事を読む

建設現場の必須仮設

工事現場

建設現場などにおいて、足場による仮設は必要不可欠なものです。しかし、その足場が足りなくなってしまうことがあります。そういった場合には足場レンタル業者に依頼することでスムーズに問題解決します。

この記事を読む

最新の汚水処理剤

ウォーター

汚水処理において、従来の活性汚泥法で用いられていた汚水処理剤では余剰汚泥が残り、その処理による問題が発生していました。最新の汚水処理剤であれば余剰汚泥を発生させることがないので環境に悪影響を与えることはありません。

この記事を読む

スリット加工の種類と用途

ガッツポーズの作業員

製造業には様々なタイプの製造業があり、それぞれの製品はその製造に特化した特殊機械を用いて製造されています。その中でもスリット加工機と呼ばれる特殊加工機について知っていきましょう。どういった特殊機械なのかを知ることで、新しい製品の発案や製造品目拡大に繋げていくことができるでしょう。
この特殊機械は主に紙やフィルム、粘着物、不織布、アルミ箔、PET機材等の製造に用いられる特殊機械です。また、それぞれの製品を製造するにあたって適したスリット方式に分かれており、その使用用途は幅広いものとなっています。スリット加工機のスリット方式は大きくスリット加工、精密スリット加工、高精度スリット加工に分けることが可能です。最も一般的なスリット加工方式ではプラスチックフィルムや不織布等の製造が可能で、ミシン目加工やボビン巻きといった加工も可能となっています。次に、精密スリット加工方式では幅精度20μm以下の精密度での加工に対応しており、絶縁用や電子用途等の各種系素材をその使用目的に合った幅で精密に加工することが可能です。また、各種素材を加工するにあたってこの加工方式であれば端面のバリやスリット屑が発生しないといったメリットがあります。最後に高精度スリット加工方式についてです。このタイプの加工方式ではPET・ポリイミド等のフィルム系材料及び銅、アルミ、ニッケル、チタン、アモルファス合金等の非鉄金属を高精度に加工することが可能です。リード線等を加工する際もバリやダレの無い状態での高精度な加工が可能となっています。製造したいと考える製造物に合わせた加工方式を選ぶことで、より高品質な製品を作ることが可能になるでしょう。